実績紹介・商品開発ブログ | 手造りジャム、オリジナルジャム、製菓製パン用ジャム、給食用ジャム、トマトケチャップ、ウスターソースの製造販売、製菓製パン原料販売

実績紹介・商品開発ブログ

2013年10月

10月 29 2013

いちごとブルーベリーのミックスジャム

019

今日はいちごとブルーベリーを使用したジャムを製造。見た感じブルーベリー、味もだいたいブルーベリーで、食感がいちごのとろみがついてる、添加物は一切使用していないタイプのジャム。一口、味見して、ミックスでいいとこ取りっていうのも有りだな、色々なパターンが無限にひろがるし、と思いました。


10月 28 2013

いちじくジャム

004

いちじくジャム。関東のほうのお客様の依頼で、関東のほうのいちじくを使用したジャム。写真だと色が薄く見えてしまいますが、ピンクがかったきれいな出来上がりになってます。


10月 23 2013

スティックゼリー

001

スティック状のゼリーの製造。細長く作るので、なかなか、効率は上がらないが、それはさておき、冷やして食べるとなかなかおいしい。


10月 21 2013

バジル

1021

昨年ぐらいからバジルソースなどのハープ系の製品の企画が増えている。

ただ、生のバジルの手配が難しく、弊社独自で栽培してみようかと、お客様にバジルの種をいただいた。7月の末で種まきには遅い時期だと思ったが、発泡スチロールの入れ物に土と肥料を入れて種を播いた。芽が出て、9月の頭に畑に植え替えて、台風の度に倒れながらも育ってきた。そろそろ、刈り入れ時だろうか。葉っぱは濃い緑で、香りもつよい気がするが、こわくなってしまっているか?

今年はお試しの栽培なので、こんなところだろう。6次産業化にむけた一歩となるか、来年が楽しみ。

 


10月 18 2013

白糸の滝

019

昨日は、富士市のお茶屋さんに紅茶ジャムの納品がてら、ご挨拶に伺った。世界遺産になった富士山の裾野の茶畑という絶好のロケーションのもと、お茶の栽培から小売りまでを一貫して行っている。今後はお茶を使った加工品も手掛けていくらしく、弊社も紅茶ジャムを作らせていただいた。

残念ながら、富士山は雲の中だったが、せっかく来たので、白糸の滝を見にいく。以前一度来たが、渇水だった記憶がある。今回はというと、水は完璧だったが、工事中で下まで降りれなかった。またまた残念だが、世界遺産に登録されてあわてて改修してるんだろう。そう思うと、今年ならではの風景ということで、ラッキーかも。


10月 11 2013

紅茶ジャム

009

紅茶のジャムを作りました。まずは、紅茶を濃い目に煮出します。煮出すタイミングが難しく、味と香りと色調を確認しながら、おいしい紅茶を濃い目につくりました。↑↑の写真。

この後、砂糖を入れて、ジャム状にして出来上がりです。パートのお姉さんたちも興味津津の製品です。

この商品は、静岡県の富士市のお茶の生産者さまの依頼で作らせていただきました。


10月 10 2013

梨ジュース

17

梨のストレートジュース。皮剥いて、芯とって、ミンチにして、裏ごしして、思ったより、褐変せずに梨の白さが残せました。


10月 08 2013

梨ジュース

003

梨のジュースを作ります。弊社は、色々な果実のジャムや、ジュースを作らせていただいてますが、農園様のPB等も多く、小ロット多品種の製造を行っています。今回の梨も、梨の皮をむいて、芯をとってと、生の梨をひとつづつ手作業で処理します。形がいびつだったり、若干傷の付いた梨を丁寧に処理してジュースにします。生の原料の処理をするところから製品まで仕上げるところはそんなに無いようで、秋は工場内に果実があふれます。


10月 07 2013

米油+山椒

008

冷凍保存した山椒の実を米油につけて、山椒のエキスと香りを米油に移す試作中。和風のハーブオイルの第一弾。山椒の成分がオイルにコーティングされていて、のど越しの後、20秒ほど経ってから、山椒の風味がグーっとくる。そのタイムラグも楽しい製品になりそうです。


10月 04 2013

ぶどうジュース

001

今日はぶどうジュースの製造。昨年から初めて、まだ、2回目。

いわゆる生搾り、って感じで、裏ごしして、瓶に詰めるだけ。

今年はぶどうがしっかりしているようで、昨年のものとはだいぶ違う。添加物使用していないからしょうがない。自然のままの味っていうのも、製品の均一化という面では、なかなか、難しい。

 

 


次のページ »